食べ物

カテゴリ:食べ物 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯切り失敗して流しにこぼす「だばあ」がなくなる?・・・「そんなのペヤングじゃない」と愛好家から不満の声

1: 海江田三郎 ★ 2015/04/05(日) 19:14:02.92 ID:???*.net
http://news.livedoor.com/article/detail/9972282/
カップ焼きそば「ペヤング」の販売再開が決まった。異物混入による製造停止から半年、
懐かしの味の復活に、ファンたちは諸手を挙げて喜んでいるのかと思いきや......?

「そんなのペヤングじゃない!」
製品の「改良」をめぐりある不満が、熱烈なペヤング愛好家の間では起こっているというのだ。
混入防止のため改良された「ふた」が...
ゴキブリと見られる異物の混入が原因で、ペヤングの製造・販売がストップしたのは2014年12月のことだ。
製造元のまるか食品には厳しい批判が寄せられたものの、1975年の発売以来、
関東地方を中心に40年近く「カップ焼きそば」の代名詞として親しまれてきただけに、
「またペヤングが食べたい......」という「ペヤングロス」の声は絶えることがなかった。
すでに報じられているとおり、2015年6月上旬から首都圏で販売を再開することが判明し、
愛好家には喜びが広がっている。ところが問題は、同時に明らかになった、異物混入対策のための「容器の改良」だ。
ペヤングといえば、「顔は四角でも、味はまろやか」というCMでもおなじみの、白く四角い、
ふた・容器ともにプラスチック製のパッケージで知られる。ところが今回の販売再開に当たっては、
容器の材質をプラスチックから発泡スチロールに、そしてさらに、ふたを「シールで密閉する」タイプ、
つまり競合他社のカップ焼きそばと同様のものに変更するという。

湯切り失敗がかえって懐かしい
なぜ、「改良」が問題なのか。というのも、特にネット上では、ペヤングといえば、
「湯切りの際にふたが途中で外れて、中身を流しにこぼしてしまう(その擬態語が『だばあ』)」
という失敗談が、一種の「お約束」となっているからだ。
こうした湯切りの際の失敗は、元々ペヤングに限った現象ではなかった。
しかし1999年にはライバルの「日清焼そばU.F.O」(日清食品)が密閉型のふたと「ターボ湯切り」を採用、
他のメーカーも相次いでこれに追随し、今やほとんどのカップ焼きそばで「だばあ」はまず起こらない。
一方、ペヤングは昔ながらのパッケージにこだわり続けたため、いつしか「だばあ」はその代名詞として
認識されるようになった。これを示すように、ニコニコ動画には2008年に投稿された、
初音ミクが歌う「ペヤングだばあ」という楽曲が存在するが、その再生回数はなんと55万回に上る。
なおこの曲をきっかけにまるか食品は2012年に初音ミクとコラボ、
「だばあしない」タイプの「高性能湯切り口」(いずれもパッケージより)を限定採用して話題を呼んでおり、
いわば「だばあ」はメーカー公認のネタでもあった。

「変わらない」ペヤングの象徴だった「だばあ」
こうした背景から、容器改良の報道を受けてツイッターでは、

「だばぁしないペヤングなんて...」
「ペヤング復活は嬉しいが、これは悲しい」
「湯切り時のあの緊張感はもう味わえなくなるのかぁ...」
「だばあできなくなってしまう...ペヤングだばぁが巻き戻しと同じ若者に語源の通じない単語になってしまう...」
などと、「だばあ」消滅を寂しがる声が少なからず出ている。「だばあ」は、良くも悪くも「変わらない」
ペヤングの、ある意味で象徴だったようだ。

0b62d2e9peyung.jpg
続きを読む

いまだにパンケーキ店に長蛇の行列をなす人々の“頭の中” 日本は異常なのか

1: coffeemilk ★ 2015/03/14(土) 22:42:17.31 ID:???*.net
 ここ数年、特に若い女性の間でブームになっている食べ物といえばパンケーキ。

これまでもナタ・デ・ココや塩キャラメル、白いたい焼きなどさまざまなスイーツが話題を集めてきたが、その流行の終焉が早いのもこうしたスイーツブームの特徴。
しかし、パンケーキは数年前にブームが始まってから、依然としてその勢いはとどまる ことを知らない。以前、あるテレビ番組でタレントのマツコ・デラックスが、
パンケーキ店に長蛇の列をなす女性たちについて「頭がおかしいんじゃないの?」と発言したこともあったが、この現象を「異常」と感じる男性や中高年層が多いのも確かだ。

 パンケーキ専門店は東京都内だけで約450店もあるといわれており、その数は現在も増え続けている。さらにスイーツのメッカである東京の原宿や表参道の人気店ともなれば、平日でも1~2時間待ちというのが珍しくないという。

 一体このムーヴメントはいつから、そして何がきっかけで起こったのだろうか。パンケーキ文化に詳しく、著書に『パンケーキ・ノート』(リトル・モア)があるライターで早稲田大学非常勤講師のトミヤマユキコ氏はこう分析する。

「ブームのきっかけは、『bills』、『Eggs’n Things』という有名店が相次いで日本に進出してきたことでしょう。
先駆けとして『bills』が鎌倉・七里ヶ浜に1号店を2008年にオープンさせ、知る人ぞ知る存在に。さらに『Eggs’n Things』が10年に原宿でオープンして人気となりブームを決定づけました」

 80年代にクレープブームの発祥の地ともなった原宿で話題を集めることで、若い女性にとってパンケーキが「ファッショナブルな存在」という位置づけになったというわけだ。

「さらに、パンケーキブームが始まった頃は、ちょうど『朝ヨガ』や『朝ラーメン』といった朝から家の外で有意義に過ごす『朝活』という言葉が使われ始めた時期。
オープン当初の『bills』は、新しい朝食のスタイルを提案するというコンセプトが強く、朝活ブームがパンケーキブームを後押ししたという側面もあります。
また、店内も本店のある国の雰囲気に沿ったつくりとなっているなど、お店によって世界観が違うのも、女の子たちがいろいろなお店に通う理由でしょう」(同)

 確かに流行に敏感そうな女性ほど、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)でパンケーキ店に行ったことを写真付きで報告している印象。

「パンケーキ店は、“オシャレな街に来て、オシャレなお店に入って、オシャレなものを食べる私”というのを発信しやすいのです。
さらにパンケーキは素人でも非常においしそうに撮れるフォトジェニックな食べ物。そういった意味でもパンケーキはSNSとの相性が抜群です」(同)

post_9214_20150311.jpg 

以下ソース
http://biz-journal.jp/i/2015/03/post_9214_entry.html


続きを読む

袋入り「インスタントラーメン」トップ10!3位サッポロ一番みそ、2位マルちゃん正麺醤油、1位は?

1: えりにゃんφ ★ 2015/03/02(月) 12:48:24.46 ID:???*.net
カップラーメンとはまた違った魅力がある「袋入りインスタントラーメン」。日本ではたくさんのメーカーが
さまざまな商品を出していて、どれもおいしいものばかりですよね。だからこそ、袋入りインスタントラーメンの
こだわりが強い人も多いはず。そこで、社会人の皆さんに、「一番おいしいと思う袋入りインスタントラーメン」について
聞いて、ランキングにしてみました! 結果は以下の通り。

■一番おいしい「袋入りインスタントラーメン」Top10

第1位 チキンラーメン......86人(19.8%)
第2位 マルちゃん正麺 醤油味......44人(10.1%)
第3位 サッポロ一番 みそラーメン......39人(9.0%)
第4位 サッポロ一番 塩らーめん......33人(7.6%)
第5位 日清ラ王 醤油......27人(6.2%)
第6位 出前一丁......21人(4.8%)
第7位 サッポロ一番 しょうゆ味......17人(3.9%)
同7位 うまかっちゃん......17人(3.9%)
第9位 マルちゃん正麺 塩味......13人(3%)
第10位 マルちゃん正麺 味噌味......11人(2.5%)

その他......29人(6.7%)

1位は世界初のインスタントラーメン『チキンラーメン』でした! やはり老舗の製品は強いということでしょうか。

2位には、『マルちゃん正麺 醤油味』。他にも、9位『マルちゃん正麺 塩味』、10位『マルちゃん正麺 味噌味』と
ファミリー製品も10位以内にランクインです!

3位にはロングセラー商品『サッポロ一番 みそラーメン』、4位にはこちらも昔からのファンが多い
『サッポロ一番 塩らーめん』。『サッポロ一番』は、「みそ」か「塩」かは永遠のテーマですね。
「しょうゆ味」は7位ですから、やはり人気は「みそ」と「塩」なのです。

5位には『日清ラ王 醤油』が入りました。若い人からの支持が厚いようです。第6位は『出前一丁』。
こちらも昔からのファンの多いラーメンです。そして8位には『うまかっちゃん』。とんこつファンの支持が集まりました。

それぞれのラーメンを支持する人の意見をご紹介します。

■『チキンラーメン』が一番おいしい!
・チキン風味の塩加減が最高で、卵との相性も最高! CMを見るたびに食べたくなる(女性/33歳/その他)
・小さなころから食べていたので、これが一番おいしいと思う(男性/26歳/機械・精密機器)

■『マルちゃん正麺 醤油味』が一番おいしい!
・インスタントで初めておいしいと思った(女性/34歳/情報・IT)
・麺がツルツルでおいしいから(女性/26歳/金融・証券)


皆さんの意見では、「昔から家ではこれ」「わが家の常備品」「母がよく作ってくれたので」と
いったものが多くありました。やはり、子どものころによく食べた製品は大人になっても「おいしい」と
思うようですね。

そして子どもができると、またその子がその製品を食べて好きになる。世代を超えた定番製品は
このようにしてできあがるのでしょう。特にラーメンのような庶民食は、一度顧客をつかむと強いようです。
ランキングの中では新顔の『マルちゃん正麺』も世代を超えて愛される製品になりそうですね。

あなたが一番おいしいと思う「袋入りインスタントラーメン」は何ですか?

(高橋モータース@dcp)

調査期間:2014/12(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:435件
http://news.livedoor.com/article/detail/9838913/

tikinra-menumaigu.jpg
続きを読む

日本人は野菜の摂取量がアメリカ人より少なかった!

1: シャチ ★ 2015/02/06(金) 18:58:58.20 ID:???*.net
@DIME 2月3日(火)9時30分配信  記事抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150203-00010002-dime-int
■「日本人よりもアメリカ人の方が野菜摂取量が多い」という事実を知らない人が85.4%
 日本人とアメリカ人、どちらのほうが1日の野菜摂取量が多いと思うか聞いたところ、「日本人(85.4%)」と回答した人が
「アメリカ人(14.6%)」と回答した人を大きく上回る結果となった。農林水産省が平成25年1月に発表した「野菜の消費を
めぐる状況について」によると、2009年度の日本人1人1年あたりの野菜摂取量は102kg(1日平均約280g)に対して
アメリカ人は123kg(1日平均約340g)。日本人の野菜不足が1993年以来年々深刻化しているにも関わらず、
自身の野菜不足に気付くことのできない日本人が多いことが分かった。

 今回の調査結果について、フードコーディネーターの南恵子氏は以下のように考察する。

 厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」で、健康増進の観点から目標としている「1日350g以上の
野菜を食べる」ことが、日々の中でなかなか実践するのは難しいということは、これまでも様々な調査でも知られていました。
しかし今回の調査で、特に注目すべきは「野菜不足」を認識していないことだと思います。
1日の野菜の摂取量の目標が「350g以上」であることを知らない人が半数以上です。
「野菜は食べた方が健康的」というイメージは持ちながら、具体的にどれくらい食べればよいのか、
また目標に対して自分のどの程度摂取できているのか、ということを意識するまではいたっていないようです。

 また「かなり野菜を食べている」人から「ある程度野菜を食べている」と思っている人のうちで、
「350g以上」食べている人はわずか14%。実際には、多くの人は食べている「つもり」だったという状況です。

 アメリカ人と日本人の食事の野菜の摂取量を比べて、「日本人の方が野菜摂取量は多い」と多くの人が
思っていたということは、日本食は世界からヘルシーと言われているというイメージがあるということも
影響しているのではないかと思います。日本人だから常に日本食を食べているかというと、そうではありません。
実際に自分が食べている食事とのギャップがあることを認識せずに、食べている「つもり」になっている人が
多いということが伺える結果だと思います。

 健康や病気予防の意識が高まる年齢50歳代~60歳代は、若い世代と比べると野菜の摂取量が多いのは、
やはり意識的にとろうとされているのではないでしょうか。
 もう一つ注目したいのは「冬は野菜が不足しやすい」という結果です。価格については、

昨年からの寒波から大雪や乾燥など気候の影響で農産物の品不足となったということもあるでしょう。

KUQ6bIl.jpg
続きを読む

カレーライス「全部混ぜる」派3割

1: 海江田三郎 ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 12:54:32.02 ID:???*.net
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150128-00040283-r25

日本で初めて紹介されてから約140年、今や日本人の国民食といっても過言ではないカレーライス。
お皿の半分にカレー、もう半分にご飯が盛られているのが一般的だが、
そこで気になるのがルーとご飯の食べ方だ。最初に混ぜてから食べるのか、
それとも一口ずつ調節して食べるのか…。カレーライスの食べ進め方について、
20代の社会人200人(男女各100人)にアンケート調査した。(調査協力:アイ・リサーチ)

〈カレーライスのルーとご飯はどのように食べ進める?〉
「最初からご飯のほぼ全体にルーをかける(もしくは混ぜる)」派28.0%
「少しずつご飯にルーをかけながら(もしくは混ぜながら)食べる」派65.0%
「別々に食べる」派7.0%

少しずつルーをかけながら食べる人がダントツ。カレーとご飯が一皿に盛られているケースが多いにもかかわらず、
最後まで別々に食べる人も1割弱いたのは驚きだ。では、それぞれの食べ方を推す意見をご紹介しよう。

■「最初からご飯のほぼ全体にルーをかける」派の意見
「まんべんなくカレーとご飯を一緒にたべたい」(24歳・女性)
「ルーが足りなくならないように」(29歳・男性)
「米の牙城をルーで壊していきたいから」(29歳・男性)
「いちいちルーをご飯にかけて食べるのが面倒くさいから」(22歳、女性)
「子どもの頃からの習慣」(26歳・男性)

■「少しずつご飯にルーをかけながら食べる」派の意見
「全部混ぜては見た目が悪いし、均一の味になってしまい、ルーを増やしたり減らしたりといったバランスの変化がつけられないから」(24歳・女性)
「その方がご飯が水っぽくならない」(26歳・男性)
「途中で白米だけを食べたくなるから」(29歳・女性)
「ご飯側の皿がルーで汚れるのが嫌だ」(28歳・女性)
「お皿を洗う時に面倒だから、できるだけ汚れないように食べる」(25歳・女性)
「スプーンの上でも“カレーライス”が出来るように食べてしまう。その方が最後まで見た目も綺麗に美味しく
食べられると思うから。全体を混ぜて食べるのであれば、カレー味のピラフやチャーハンとして食べればいいと思うから」(26歳・男性)
「小さいときからそういう風に育ってきた」(23歳、男性)

■「別々に食べる」派の意見
「混ぜるとご飯が水っぽくなるのが嫌だから」(25歳、女性)
「カレーライスは『ご飯』と『カレールー』が別々になっているのが当たり前だと思うから」(22歳・男性)
「年のせいか、混ぜて食べるのに抵抗を感じる。一品一品味わって食べたい」(25歳、女性)
「見た目が大事だから」(26歳、女性)
「もとからそうやって食べている」(27歳、女性)

「少しずつ」派は、味のバランスを自由に調整できるメリットを挙げる人が多数。
ただ、どの意見にも見られたのは「昔からそうやっていた」など、理屈ではなくその食べ方が“習慣だから”という声だった。
そしてカレーライスに欠かせないトッピングといえば「福神漬け」と「らっきょう」。この定番2品のどちらが好きかについても聞いた。

〈カレーライスの定番トッピングで好きなのは?〉
福神漬け85.0%
らっきょう15.0%

やはり「福神漬け」を推す人が圧倒的多数。インドでは「チャツネ」というペースト状の調味料をつけるのが一般的だが、
大正時代にヨーロッパ行きの日本船でチャツネを切らしたため、福神漬けをトッピングしたのが始まりだとか。
もはやカレーライスとは切っても切れない間柄のようだ。

「嫌い」という人を探すほうが至難の業かもしれないカレーライス。アナタはどうやって食べる?

20150128-00040283-r25-001-1-thumb.jpg

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。