映画

カテゴリ:映画 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超映画批評 映画「進撃の巨人」 40点(100点満点中) → 監督ブチギレwwwwwwwwwww

1: アキレス腱固め(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 19:09:35.09 ID:sPPGQ/nV0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」40点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/02014.htm


「進撃の巨人」監督、酷評炎上騒動を謝罪 試写状送ったスタッフに怒り


 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(8月1日公開)の樋口真嗣監督(49)が31日、自身のツイッターを更新。同作への批評をめぐるインターネット上の“酷評炎上騒動”を謝罪した。

【写真】軍艦島の立ち入り禁止区域で開かれた「進撃の巨人」の完成報告会見

 ある映画批評サイトで、同作は100点満点中40点と採点された。これに対し、樋口監督は自身のフェイスブックに「やったぜ!大先生に褒められたら、どうしようかと思ったが、これなら安心だ。というか、誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」と書き込んだ。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00000077-spnannex-ent

ah_shingeki006.jpg

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438337375/
続きを読む
スポンサーサイト

<玄田哲章>30年以上声優を務めたシュワルツェネッガーとの初対面に大興奮

1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 18:51:23.02 ID:???*.net
米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんと日本語版声優・玄田哲章さんが6日、東京都内で行われた映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(アラン・テイラー監督)の舞台あいさつで初対面を果たした。玄田さんは、シュワルツェネッガーさんが新人時代から30年以上、通算30本以上のすべての出演作の吹き替えを担当してきた。

初対面で玄田さんは「30年間の念願でした。このようなチャンスは本当にうれしかったです。生のシュワルツェネッガーさんはとても大きく、オーラが違いました」と大興奮だった。

吹き替えを30年以上担当してきた玄田さんに対して、シュワルツェネッガーさんは 「世界中で私の吹き替えをどんな方が演じているのか、気になっていました。  初めて日本の吹き替え声優のあなたとお会いできて光栄です。私の声を100年間ぜひ演じてほしい!」 と玄田さんと固い握手を交わした。

玄田さんは「100年間演じてほしいという言葉は、最高の褒め言葉です。まさに身が引き締まる気持ち。私もできる限り、シュワに応えていきたい!」 と決意を新たにしていた。

映画は、人気SFアクション「ターミネーター」シリーズの最新作。 「ターミネーター」は人類と殺りくマシンの戦いを描いており、今作では過去と未来が書き換えられた世界が描かれる。 人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーは、敵が母・サラを抹殺するためにシュワルツェネッガーさん演じるT-800型ターミネーターを過去に送り込んだことを知り、母を救うために同志を派遣する……という展開。10日公開。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000011-mantan-ent

20150707-00000011-mantan-000-2-view.jpg

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436262683/
続きを読む

玄田哲章がコマンドーの名セリフを熱演 「こいよベネット! 銃なんか捨ててかかって来い!」

1: 足4の字固め(秋田県)@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 15:01:48.70 ID:hD0quYtQ0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えで有名な声優・玄田哲章が25日、都内で行われた「コマンドー ディレクターズ・カット<製作30周年記念日本語吹替新録版>」ブルーレイ発売記念イベントに出席。玄田は、客席からシュワルツェネッガー演じるメイトリックスの名セリフをリクエストされると、ノリノリで披露。会場からは大歓声が上がった。

シュワちゃん声優・玄田哲章、映画『コマンドー』名セリフを生披露し 画像ギャラリー

 本イベントは、不朽の名作『コマンドー』の映画製作30周年を記念して、これまでDVDのみ発売となっていたディレクターズ・カット版本編および、テレビ朝日で放送された「日曜洋画劇場」初回放送版(1989年)をベースに、オリジナルキャストが再集結した日本語吹き替えの《新録音バージョン》が収録されたブルーレイが発売された記念として行われたもの。

 25年ぶりにメイトリックスの吹き替えを行った玄田は「画面上のシュワちゃんは年をとってないけど、俺は年とっちゃったからな」と苦笑いを浮かべるも、すでに新録音バージョンを鑑賞したファンは、その変わらぬ声を絶賛。若さの秘けつを問われると「人間だから年を取ると、声も変わってくるけれど、映画に集中して、役の人生に入っていければ問題ないかな」と笑顔で語っていた。

 シュワルツェネッガーを担当する前は、シルヴェスター・スタローンの吹き替えも行っていた玄田。「アニメでもなんでも筋骨隆々な役が多かった」とこれまでの声優人生を振り返ると「シュワちゃんとここまで長い付き合いになるとは思わなかった。途中政治家になったり、私生活がだらしなかったりするけれど、また映画に戻ってきた。作品に対する意欲はすごい」と評価した。

 会場に詰め掛けた熱狂的『コマンドー』ファンから、名セリフのリクエストを受けた玄田は「お前を殺すのは最後だって約束したよな、あれは嘘だ」と 「こいよベネット! 銃なんか捨ててかかって来い!」を生声で披露。感極まるファンがいるほど会場は盛り上がっていた。(磯部正和)

http://www.cinematoday.jp/page/N0072660

ec27bf2a.jpg

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1430028108/
続きを読む

ディズニー、「くまのプーさん」の実写化を計画

1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 12:28:18.25 ID:???*.net
ディズニー『くまのプーさん』を実写化!
2015年4月3日 11時21分

先日『ムーラン』の実写化を進めていることが明らかになったばかりのディズニーが、
今度は『くまのプーさん』の実写化を計画しているとDeadlineが報じた。

実写版では、くまのプーさんの友達である人間のクリストファー・ロビンに焦点が置かれ、
クリストファーが大人になってから、再びプーさんが住む100エーカーの森を訪れるという設定になるようだ。

脚本を手掛けるのは、インディペンデント映画のための世界最大の映画祭であるサンダンス映画祭などで
注目を浴びた新鋭、アレックス・ロス・ペリー。そして、同じくディズニーが製作中の実写版
『ジャングル・ブック』でプロデューサーを務めるブリガム・テイラーが本作の製作も担当するとのこと。

ディズニーは、同社が手掛けてきたアニメ作品の実写版製作を立て続けに行っており、
すでに公開され話題になった『アリス・イン・ワンダーランド』『マレフィセント』、
日本公開を4月25日に控えた『シンデレラ』のほか、エマ・ワトソンが主演を務める『美女と野獣』や
ティム・バートンがメガホンを取る『ダンボ』などの実写版作品を企画している。(編集部・石神恵美子)

シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0072141
大人気『くまのプーさん』が実写化! - Walt Disney Home Video / Photofest / ゲッティ イメージズ
kuma_p.jpg

続きを読む

鈴木敏夫P、ジブリは「開店休業」状態 「何作っていいか悩んでる」と本音

1: 伊予の刀剣 ★@\(^o^)/ 2015/02/08(日) 19:44:08.52 ID:???*.net
スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(66)、映画監督の岩井俊二氏(52)が8日、
都内で行われた長編アニメーション作品『花とアリス殺人事件』(20日公開)のトークショーに出席。
2013年に宮崎駿監督(74)が長編アニメ製作から引退し、
鈴木氏は「ジブリは今、開店休業っていうのかね、何を作っていいのか悩んじゃってる」と本音を漏らした。

続けて「今の世の中を考えると、何を作るのか難しい」とつぶやいた鈴木氏。
岩井監督が手掛けた今作をひと足早く鑑賞し、「改めて思ったけど、映画は作るものじゃなくて見るものなのかな。
見て何かを言うのが楽しい。でも、そう思いつつも『どうすんだお前は!』って(危機感が)降り掛かってくる。
身近なところにテーマは転がってるのかもね」と刺激を受けていた。

 岩井監督は、自身初となる長編アニメーションの公開を直前に控え、
駆けつけたファンに「まだ完成していないんです…」とカミングアウト。
「20日に公開というのを入り口のポスターで見て、冷や汗が出てるところ」と苦笑いし、
「ここ何ヶ月か、ほとんど寝てない。寝れないんです…」と漏らしていた。

 隣で聞いていた鈴木氏は「もう帰ったほうがいいんじゃない?」と
冗談を交えつつも「好きなことやってるからしょうがないよね」と共感。
「『(風の谷の)ナウシカ』(1984年3月11日公開)は4日前だった」と明かして、さらに会場を驚かせていた。

 同作は、映画『Love Letter』(95年)、『スワロウテイル』(96年)の監督や、
東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」の作詞など、多彩な分野で活躍する岩井監督が、
2004年に原作・脚本・監督を務めた映画『花とアリス』の前日譚となる
二人の出会いのエピソードを完全オリジナルストーリーでアニメ映画化。
元になった映画で有栖川徹子(通称アリス)を演じた蒼井優、荒井花(通称ハナ)を演じた鈴木杏が声優として再共演する。

 岩井監督は「(公開日の)20日には、お披露目できますので、楽しみにしていてください」と呼びかけ、
鈴木氏も「もう傑作になってますね。久々に映画というものを見た感じ」と絶賛していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000369-oric-ent

20150206-00000369-oric-000-4-view.jpg
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。