社会

カテゴリ:社会 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の風呂場に見知らぬ男性の全裸遺体を発見 17日から行方不明になっている統合失調症の男性と判明

1: coffeemilk ★ 2015/08/19(水) 16:10:56.27 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
東京・板橋区の住宅で18日夜、この家の住人ではない男性が風呂場で全裸で死亡しているのが見つかった。

 警視庁によると、18日午後9時半頃、板橋区双葉町の住人から「何者かが風呂場に倒れている」と通報があった。
倒れていたのは、この家の住人ではない男性で、玄関に靴を脱ぎ、脱衣所に衣服を畳んで風呂場の中でシャワーを出した状態で、全裸で死亡していたという。

 警視庁の調べで、死亡していたのは埼玉県志木市に住む男性(36)と判明したが、男性は統合失調症の治療中だったという。

 男性の両親は「17日、埼玉県内で買い物の最中に行方が分からなくなった」と話しているということで、警視庁は、男性が何らかの理由で住宅に入り込み、風呂に入っている最中に死亡したとみて死因などを調べている。

ソース元に動画あり
http://www.news24.jp/sp/articles/2015/08/19/07307262.html

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1439968256/
続きを読む
スポンサーサイト

触れても危険!猛毒キノコ 「カエンタケ」、今年も奈良で発生

1: ◆PARIDAK.Ds パリダカ筆頭固定 ★ 2015/08/01(土) 18:25:57.15 ID:???*.net
 昨年、奈良県の生駒山麓などで見つかった猛毒性のキノコ「カエンタケ」が今年も見つかり、 同県生駒市は現地調査や注意喚起のための案内板設置を開始した。 市ホームページ上でも周知を図っており、担当者は「万が一見つけても決して触れないで」と注意を呼びかけている。

 キノコの愛好家らでつくる「奈良きのこの会」の世話人、下原幸士さん(65)が7月11日、同市北新町のハイキングコース周辺で約6本のカエンタケを発見、市に連絡した。

 カエンタケはニクザキン科のキノコで、高さは3~15センチ。表面が赤く、梅雨明けから10月にかけて、コナラなど、ドングリがなる木の根周辺に発生する。

 猛毒性のため、触れただけで炎症を起こすほか、口にすると下痢や嘔(おう)吐(と)、運動障害を引き起こす恐れがあり、最悪の場合は多臓器不全で死亡することもあるという。

 下原さんによると、昆虫が媒介する菌で樹木が枯死する「ナラ枯れ」の被害が起こった木に、比較的多くのカエンタケがみられるといい、昨年は生駒山で約100本、奈良市の若草山で1本を確認した。

 近年、ナラ枯れの被害が急速に拡大していることから、下原さんは「今年は昨年以上にカエンタケが増える恐れがある」と指摘。「昆虫採集に夢中になる子供たちが知らずに触れたら大変。 家庭や教育現場で、触ってはいけないと教えてあげてほしい」と話している。

ソース:産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/150801/wst1508010062-n1.html

wst1508010062-p1.jpg  

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438421157/
続きを読む

佐川急便、国指定重要文化財「赤漆塗木鉢」を真っ二つに 「配送品質の向上に取り組み、再発防止に努めたい」

1: coffeemilk ★ 2015/07/25(土) 15:53:49.00 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
指定書伝達の喜びから一転の悲報… 国重文「赤漆塗木鉢」割れる

デーリー東北新聞社 7月25日 10時45分配信

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は24日、展示のため野辺地町から借用した国指定重要文化財「赤漆塗木鉢(あかうるしぬりもくはち)」が、22日に所蔵先の同町立歴史民俗資料館から縄文館への運搬中に破損したと発表した。

縄文館は「梱包(こんぽう)方法、輸送による振動など複合的な要因がある」と破損原因を挙げ、輸送を担当した会社は責任を認めているという。古舘光治・縄文館長は「野辺地町に多大な迷惑を掛けた。関係機関などと連携し、輸送などの質の向上に努める」と述べた。 木鉢は今後、文化庁と同町が協議し、輸送会社が保険で修理することになる。

 木鉢は、縄文館が25日から開催する特別展「漆と縄文人」で展示予定だった。所蔵先からの輸送は市が佐川急便(本社・京都)に委託し、同社の持ち株会社「SGムービング」が担当。
美術品輸送の専門知識を持った複数の作業員が輸送に携わった。

 木鉢は22日午前10時ごろ、野辺地町と八戸市の担当職員が立ち会い、赤漆塗木鉢の状態を確認。作業員が綿布団や紙ひもなどを用いて段ボールに入れ、トラックで陸送した。
同日午後に縄文館に到着し、作業員が開梱(かいこん)したところ、胴部分が真っ二つに割れているのを確認した。

 縄文館は同日中に、同町立歴史民俗資料館と青森県教委文化財保護課、文化庁に連絡。23日には縄文館職員らが直接、同町の浅利能之教育長を訪ね、説明、謝罪した。
縄文館の担当者は「展示の目玉の一つで、非常に残念」と話し、展示室には写真を掲示予定。

 赤漆塗木鉢は約6千年前の縄文時代前期の製作とされる。コナラの木をくりぬいて作られ、胴回り46センチ、高さ25センチ。

 佐川急便の広報担当者は本紙の取材に「迷惑と心配を掛けて誠に申し訳ない。配送品質のさらなる向上に取り組み、再発防止に努めたい」とコメントした。

20150725-00010002-dtohoku-000-2-view.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00010002-dtohoku-l02

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437807229/
続きを読む

酒鬼薔薇聖斗『絶歌』バカ売れで完売!30万部売れれば5000万円の印税!出版社も1億5000万円の利益!

1: ウエスタンラリアット(庭)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 01:05:26.53 ID:VnmeBAPJ0.net BE:595621929-PLT(15000) ポイント特典
紀伊國屋書店全店データ(パブライン)をチェックしたところ、6月13日までの発売4日間で、元少年A『絶歌』(太田出版)の初版10万部は、ほぼ完売状態であることがわかった。

・実売予測は9万部を突破
紀伊國屋書店のシェアは約5%であり、数字を20倍すると全体が推測できると言われている。実売予測は9万部を超えており(4520冊×20)、増刷分の刷り上がり待ちという状況だろう。

・悪いことをしたという気持ちがない
遺族はもちろん出版中止、回収を求めており(遺族のコメントは下記を参照)、元少年Aだけでなく、版元の太田出版にも批判が殺到している。

・コメント
「先月送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果をつづってもらえたことで、私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと考えていました。

出版はそのような思いを踏みにじるものでした。文字だけの謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちが無いことが、今回の件でよく理解できました」(引用: 朝日新聞デジタル)

・批判は高まりそうだ
私は買わないが、この勢いなら、少なくとも30万部くらいはいくと予想される。30万部に到達すると、元少年Aには税込5000万円弱の印税が支払われ、太田出版も1億5000万円程度の利益を得る計算になる。

さらに両者への批判は高まりそうだ。

http://buzz-plus.com/article/2015/06/18/zekka/

IMG_2023-e1434029920786.jpg

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1434557126/
続きを読む

PTAに共働きの母親が激怒 「暇な専業主婦が平日昼間にクソどうでもいい集まりをやりたがる」

1: エクスプロイダー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 18:32:33.79 ID:DUGxwnkT0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
 「PTAなど、なくなってしまえばいい」。中学1年と小学2年の子供がいる兵庫県の会社員、上田裕子さん(44)=仮名=は憤懣(ふんまん)やる方ない様子だ。

 「しなくていいことを、わざわざしています。小学校では学期に一度、授業時間を使って保護者が子供や先生と親睦を深めるイベントを委員が企画します。月1回の『おそうじ会』では保護者が学校の掃除。 手間をかけて作られるフルカラーの広報誌は学年便りなどで知っていることばかり」

 腹立たしいのは、こうした集まりが全て平日に開かれること。自身は働いているうえ、夫は単身赴任中。もしお鉢が回ってきたら、欠席を続けるほかなさそうだという。役職は本部役員に始まり、役員選びの選考委員や公民館委員、地区委員、クラス委員、補導係…。選考は「ポイント制」で、会長や副会長をすれば2ポイント、各委員は1ポイントを付与され、在学中に子供1人につき1ポイントを稼ぐ決まり。必ず一度は役員・委員が回ってくるというわけだ。

 活動が平日でも、共働き家庭が免除されるわけではない。小学6年の1人息子がいる東京都の会社員、小林加代さん(49)=仮名=もクラス委員を経験した。 「大変なのは平日の委員会。専業主婦のお母さんたちは平日に集まろうとする」。小林さんが平日の会合を乗り切れたのは、クラス委員が1学級2人体制だから。もう1人が同じように働く母親だったので、都合の悪いときはカバーし合うことができたという。

 「イベントで来賓の視界を遮った疑いをかけられ、本部役員が集まった場で謝罪を求められた」「PTAに逆らってはいけない空気があり、何か提案するとメールで陰口が回るなど、『いじめ』のようなこともある」など人間関係の難しさもある。

一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000536-san-soci

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1433064753/
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。