タグ:詐欺 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悲報】現行の4Kテレビ、将来の4Kメディアや配信動画の再生に非対応 アップデートでも解決できず

1 ハイキック(芋) 2013/11/23(土) 20:25:54.24 ID:JApJQbDC0
130411_4k_s.jpg

テレビでの4Kプレミアムコンテンツ再生にはHDCP 2.2対応が必須に

シリコンイメージのMHL 3.0/HDMI 2.0対応レシーバIC「SiI9679」
 MHL 3.0の仕様は8月20日にMHLコンソーシアムから発表済みで、4K/2160p30(30p)映像や、著作権保護の最新バージョンである
HDCP 2.2、ドルビーTrue HD/DTS-HDの7.1chサラウンド音声、最大10Wの給電などをサポートする。

 発表された新レシーバICは、テレビやAVアンプ、プロジェクタなどへの搭載が見込まれており、HDCP 2.2に対応。
さらに、HDMI 2.0でサポートしているフォーマットの一つである4K/60p映像にも対応し、
搭載機器でHDMIケーブル1本で伝送可能。MHL 1.0とMHL 2.0、HDMI 1.4、HDMI 2.0との互換性も持つ。

BDプレーヤーからの1080p映像を4Kにアップコンバート、HDCP 2.2の著作権保護を掛けて再生するデモを行なった
 HDCP 2.2の採用については、ハリウッドメジャー6社のSPE、パラマウント、ワーナー、20世紀FOX、
ディズニー、ユニバーサルで構成するMovieLabs(Motion Picture Laboratories)が、4K映像などの
「プレミアムコンテンツ」に対応するデジタル機器のプラットフォームとして、HDCP 2.2の採用が必須であると
9月中旬に要求したことに応えたもの。この要求により、今後の4K対応製品では、
HDCP 2.2をサポートしていなければ、将来の動画配信サービスやパッケージメディアで提供される
4Kプレミアムコンテンツが表示できなくなると見られる。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20131002_617776.html


続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。