タグ:教育 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読売】子供の体力向上 キャッチボールから始めよう

1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 19:06:13.47 ID:???0.net
国民の健康増進を図る上で貴重なデータだ。

 文部科学省が半世紀に及ぶ「体力・運動能力調査」の分析結果をまとめた。
小学生から高齢者までを対象に、東京五輪が開かれた1964年から実施してきた。

 これほど長期の体力調査は、世界でも例がないという。

 興味深いのは、子供の体力や運動能力の傾向が、大きく三つの時期に分けられることだ。

 まず、調査開始からの約20年間だ。体力は全体的に急激に向上した。開始時点で18キロ・グラムだった
11歳女子の握力は、20年で1割以上増えた。13歳男子の1500メートル走では、記録が17秒短縮した。

 分析した専門家は、東京五輪の影響を挙げる。栄養状態が好転し、体格が大きくなっていく時代に、
五輪で活躍する選手を見て、多くの子供が触発された。

 漫画などで盛んにスポーツが取り上げられたことも、体力向上を後押ししたと言えよう。

 85年頃をピークに、体力の低下が目立つようになる。13歳男子の1500メートル走の記録は、
90年代後半に大きく落ち込んだ。ピーク時より27秒遅い年もあった。

 テレビゲームや塾通いで、外で遊ぶ子供が減ったのが大きな原因という指摘はうなずける。

 98年以降が第3期だ。体力不足が深刻な問題になり、学校での指導の充実が図られた結果、徐々に持ち直してきた。

 それでも、まだピーク時の記録には及ばない。

 スポーツに親しみ、体を動かす機会を増やすことが一番の体力増進策だ。2020年東京五輪・パラリンピックの
機運を盛り上げ、スポーツ熱を高めたい。

 男子のソフトボール投げだけは、記録が落ち込み続けているのが気にかかる。10歳男子では50年間で約6メートルも縮んでいる。

 投げることが減ったからだ。キャッチボール禁止の公園が増えたのも影響しているのではないか。
運動機会が減ると、基本的な能力も低下することがうかがえる。

 東京都千代田区では週1回、一部の公園や広場でのキャッチボールを解禁している。こうした取り組みを広げたい。

 文科省は昨年度、運動の楽しさを遊びで学ぶ事業を始めた。

 小中学校で昼休みや放課後、大学生や地域のボランティアが石けりやケンケンといった昔ながらの遊びを教える。
休み時間に校庭に出る子が増えたという。

 休日に親子で外に出て楽しむのも、体力向上に役立つはずだ。

catch1.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20141025-OYT1T50120.html

元スレ http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1414317973/
続きを読む
スポンサーサイト

「昔の問題を出題したら正解率が上昇」ゆとり教育で学力が向上している事が判明 

1 パイルドライバー(徳島県) 2013/11/18(月) 12:57:37.83 ID:SfY6dAZC0
今回は「ゆとり教育」や「学力テスト」などの教育政策と子どもたちについて考えてみます。
 ゆとり教育によって子どもたちの学力が低下したともいわれていますが、それは本当なのでしょうか。

 「ゆとり教育」といわれる新しい取り組みは2002年(平成14年)の4月から始まりました。
 この時から「学校週5日制」になりました。
 学校も、世間並みに週休2日にするのに際し、合わせて教える時間を減らし、ゆとりを持たせようという狙いがあったのです。

 しかし、思わぬ波紋が広がりました。「ゆとり世代は、円周率を3で計算することになった」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
学習指導要領では、「円周率」は小数点以下の計算方法を習う前に学習するので、円周率3.14を3として計算してよいということになったのです。

 これをとらえて、首都圏のある学習塾が鉄道に、「3.14よ、さようなら」という趣旨の車内広告を出しました。
「(公立中学校ではなくて)受験して私立中学に行こうね」という、一大キャンペーンを打ったわけです。

 こうしたこともあり、人々は「ゆとり世代は学力が落ちている」と受け止める一因になったと思います。

 果たしてその通りなのでしょうか。私が中学生の頃にも、全国一斉の学力テストがありましたが、最近の学力テストで昔の問題を
こっそり出題したことがあったのだそうです。
 そうしたら、正解率は今の生徒の方が高かったという結果が出ています。
 そして、昔は都道府県別の成績には大きな格差がありましたが、最近はその格差が大きく縮まっているという事実もあるのです。

 私は、「ゆとり教育」によって日本の生徒たちの学力が落ちたという指摘を裏付けるはっきりとした証拠はないと思います。
 むしろ、問題の解答によっては、我々の世代より今の生徒たちの学力の方が上がっているともいえるのです。
 問題は、証拠(エビデンス)に基づいて論じなければならないのに、何となく「学力が落ちてきたのではないか」という印象論で
語られてしまっている恐れがあるように思います。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGH14007_U3A111C1000000/?n_cid=DSTPCS001

2 急所攻撃(茨城県) 2013/11/18(月) 12:58:55.04 ID:Yag1Th1g0

続きを読む

若手教師「居眠りした女子生徒を叩いて起こすと体罰、揺すって起こせばセクハラ どうすればいいの?」

1 ピューマ(チベット自治区) 2013/02/26(火) 20:04:08.80 ID:GOsgI8p3P
男子生徒が体罰を苦に自殺した大阪市立桜宮高校の事件を受け、大阪府教育委員会が府立学校における体罰調査結果をこのほど発表した。
報告の中には体罰とは思えないものもあり、教師側が過敏な反応をしている実態が浮かんでいる。

調査結果には「体罰に当たらない」と府教委が判断した案件が23あり、その内容は「修学旅行中の夜に騒いだ生徒を10~15分正座させ説教した」
「クラブ活動で『今日はちょっと元気がないから走ろうか』と言ってグラウンド走らせた」などといったもの。

府教委の担当者は「もしかしたらと報告を受け、指導の一環として体罰ではないと判断したものの中で多かったのは、居眠りした生徒を叩いたというものでした」という。
生徒を起こすため、もしくは気付けのために頭や背中を叩いたという事案だ。こうした過剰ともいえる反応も、教師側にすれば仕方がない一面があるという。
それは生徒側のリアクションだ。

現役の若手教師は「特に女の子を起こすのは大変なんです」と悩みをこう語る。「ちょっとでも叩くと『体罰だ』って言われる。かといって体を揺すって起こすと
今度は『セクハラだ』って騒ぐ。じゃあ、どうすりゃいいんだって話ですよ」

さらに、その先にはモンスターペアレントの問題も潜んでいる。
「もし起こさないで授業を進めたら、そのうち勉強についていけなくなる。そうなると親が『教師の責任だ』って学校に乗り込んでくる場合もある。八方ふさがりですよ」

橋下徹大阪市長(43)は過去に「有形力の行使」を認めない場合は、出席停止などの措置の制度を設ける可能性を示唆したが、一方で「授業中に眠ったから出席停止なんて、
それこそ大問題。指導と体罰は紙一重だからこそ、明確に分けてほしい」と口にしている。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/112258/


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。